【講座】尾竹永子さんワークショップ:Delicious Movement in Tokyo 2017のご案内

6月に東京大学で、 原爆、原発、環境破壊をテーマにしてきたNY在住のアーティスト・尾竹永子さんを招いて、短期集中講座「Delicious Movement (デリシャス・ムーブメント) in Tokyo」が開かれるそうです。

 

詳しくは、以下をご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1473028439383871/

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfZQuxeOh_wKX2ZPmwpCl_pl_91DVIM64-MObhgm-A–WZUFg/viewform

 

ーーーーーーーー(主催者からの案内)ーーーーーーーーーーー
今年6月、東京大学駒場キャンパスにて、ニューヨーク在住アーティストの尾竹永子さんが教える講座「Delicious Movement in Tokyo」を開催します。今回のワークショップは尾竹さんがアメリカの大学で教えている授業をモデルにした短期集中講座で、体を動かすワークショップと、アメリカのリベラルアーツのセミナーを組み合わせたクラスです。「読む」、「書く」、「動く」、「見る」、「感じる」、「話す」、「聞く」、「考える」を柱に、時間(歴史)、場所(環境)、個人、他者との関わりを学んでいきます。

 

日時:2017年6月10日、17日、24日 (土曜)
12:00~20:00 (15:00~16:00休憩)

 

開催場所:東京大学駒場キャンパスコミュニケーションプラザ身体運動実習室②

 

定員:約20名(国籍、年齢、職業など様々な参加者を歓迎)
3回とも全プログラムを受けられる方、および教育関係者を優先しますが、誰でも応募できます。ダンスの経験は問いません。日本語がわからない方には英語でサポートします。

 

参加費:無料
この講座は公益財団法人石橋財団、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属「共生のための国際哲学研究センター」、Wesleyan University Patricelli Center for Social Entrepreneurshipの協賛と助成を受けて行われます。

 

【講師紹介】

尾竹永子さんはニューヨーク在住41年、現代ダンスとパフォーマンスの世界で「エイコ・アンド・コマ」として独自な作品を発表し続け、2014年から始めたソロの活動「A Body in Places」でさらに新たな注目を集めているアーティストです。1970年代の日本で土方巽と大野一雄、ドイツでマニア・シュミエル、オランダでルカス・ホーフィンクに学び、アメリカでは多くのアーティストとコラボレーションをしています。映像作品やインスタレーション、講演、写真展など活動分野は広く、マッカーサー賞をはじめとする多くの賞を受賞。ニューヨーク大学修士課程で原爆文学を専攻し、親しかった作家、林京子さんの作品を英訳出版、また紹介する活動も行ってきました。アメリカの大学では文学、映像、ムーブメント、ビジュアルアートなど多様な方法で 原爆、原発、環境破壊などについて教えています。

 

【講座のねらいと内容】

作品を発表し続けるアーティストが教えるこの授業では、参加者は「発展」や「生産性」の概念を批判的に問い、思考の対象と自身との距離の変化を体験していきます。近年の尾竹さんの作品に共通するテーマである「見据えること」「ためらい」「個人としての選択」が今回のムーブメントワークでも課題となります。
毎週指定された作品の読書と感想文を書くことが授業の準備になります。日本の大学教育が転換期にある今、人の多様な感じ方、動き方、あり方について対話するこの授業は、教育の可能性を改めて問い直すことにもつながると期待します。

 

講座には以下のプログラムも含まれ、尾竹永子というアーティストの活動、歴史、コラボレーションも教材として設定しています。

 

● 6月17日16:00~ WAM(Women’s Active Museum) 館長、池田恵理子さんによる講演
● 6月24日16:00? ウェズリアン大学の日本歴史専門の教授、および写真家、ウィリアム・ジョンストン博士による講演
● 6月24日17:00? 尾竹永子ダンス公演
● 6月24日18:00? 「A Body in Fukushima」のビデオ上映 (原発事故後の福島で尾竹さんがジョンストン氏と制作)
● 休憩時間を使った、少人数でのグループディスカッション(任意参加)
● 授業の後の懇親会では自由な対話と交流(任意参加)

 

講座についての質問および取材の連絡は、青木光太郎(ko.aoki.2164@gmail.com)までお願いします。

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2017年04月24日 | 投稿者: 北原恵

【論文紹介】徐潤雅「富山妙子の表現と1970年代の韓国」『待兼山論叢』大阪大学大学院文学研究科、2016年度

【論文紹介】徐潤雅「富山妙子の表現と1970年代の韓国ーー詩画集『深夜』とスライド「しばられた手の祈り」を中心に」
掲載誌:『待兼山論叢』第50号(日本学篇)、大阪大学大学院文学研究科、2016年12月、pp.49-76.

ソ・ユナさんの富山妙子論(紀要論文)が出版されました。まもなく「機関リポジトリ」でウェブ公開される予定ですが、それまでは、こちらでも本文を読めます。(北原恵)

YunaSeo_TOMIYAMATaeko’sArtExpression1970’s

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2017年04月1日 | 投稿者: 北原恵

【『REPRE』ニュース】国際シンポジウム「美術と戦争:1940-50年代、日本・朝鮮・台湾」2016年の紹介

2016年7月に大阪大学で開催した、国際シンポジウム「美術と戦争」の紹介が、表象文化論学会のウェブ・ニュース、『REPRE』29号、2017年に、掲載されました。
字数制限のため、重要なご発表や議論について十分に書くことができませんでしたが、これからもみなさまと緩やかにつながりながら、研究を続けてまいりたいと思っております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2017年03月30日 | 投稿者: 北原恵

ホームページをリニューアルしました(2017年3月)

 2017年3月、ホームページをリニューアルいたしました。科研の成果などを紹介した旧ホームページ「表象/アート/ジェンダー研究:「移動」から見た女性美術家と視覚表象の研究」は、本HPの「共同研究」をご覧ください。
 リニューアルにあたっては、大阪大学による「研究大学強化促進事業 研究成果の国際的発信支援プログラム、平成28年度大阪大学若手教員等ホームページ作成支援事業支援」の助成を受けました。
 これからよろしくお願いいたします。(北原恵)

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2017年03月27日 | 投稿者: 北原恵

【研究会】 ラワンチャイクン寿子「「東京・ソウル・台北・長春ー官展にみる近代美術」展を振り返って」(2014年9月21日・上智大学)

■■I&G研究会例会
日時:2014年9月21日 13:00~17:30
場所:上智大学・10号館3階、301号教室(四ツ谷駅徒歩5分)
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya

■13:00~13:45 全体会議

■14:00~15:40 発表1:
ラワンチャイクン寿子(福岡アジア美術館学芸員)
「「東京・ソウル・台北・長春ー官展にみる近代美術」展を振り返って」
コメンテーター:金惠信(青山学院大学講師)

■15:50~17:30 発表2:
宮下美砂子(千葉大学人文社会科学研究科博士後期課程)
「「主婦論争」から再考するいわさきちひろの画業」
コメンテーター:坂本淳子(絵本研究者)

総合司会:北原恵

—————-

■ラワンチャイクン寿子さんの発表要旨:

【発表1要旨】
ラワンチャイクン寿子「「東京・ソウル・台北・長春ー官展にみる近代美術」
展を振り返って」

今年(2014年)、全国を巡回した展覧会「官展にみる近代美術―東京・ソウル
・台北・長春」について、主担当の学芸員が展覧会を振り返りあらめて企画の意
味を考察する。
同展覧会は、20世紀前半の日本、韓国[旧朝鮮]、台湾、中国東北
部[旧満洲]で開かれた官設の公募美術展覧会(官展)をとおして、これらの地
域の美術の近代化を紹介する初めての展覧会であった。当時、朝鮮や台湾、満洲
は、日本の統治下・影響下にあり、日本式の制度やインフラが整備されていた。
美術においても、1907年に東京で始まった文部省美術展覧会の制度が各地に導入
され、1922年にソウル[旧京城]で朝鮮美術展覧会が、1927年に台北で台湾美術
展覧会が、1938年に長春[旧新京]で満洲国美術展覧会が始まっている。発表で
は、福岡アジア美術館のラワンチャイクン寿子氏が企画の趣旨と準備経緯を説明
するとともに、展覧会批評や反省点を報告する予定である。コメントは企画を助
けた金惠信氏。

 

詳細は、イメージ&ジェンダー研究会HPをご覧ください。

http://imgandgen.exblog.jp/

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2014年09月3日 | 投稿者: 北原恵