【インタビュー】「プロテスト・アートから考えるベラルーシ」RELATIONS, 2022.2

2020年ベラルーシの民主化運動から生まれた抵抗するアートについて、インタビュー記事が、美術系ウェブマガジン『RELATIONS』vol.7で公開されました。

北原恵(聞き手)×エフラシニア
「プロテスト・アートから考えるベラルーシ――創造性と粘り強さ」
RELATIONS, vol.7, 2022.2

お話をうかがったエフラシニアさんによれば、今回のベラルーシの抵抗運動の特徴は、創造性と粘り強さだと言う。人々はどのような抵抗をくり広げているのか? デモでのプラカードや、参加者のファッション、アーティストの描くイラストや作品など、その創意工夫は我々の想像をはるかに超える。アートや視覚文化を通して見えるベラルーシの抵抗精神をともに読み解いていく。

【追悼】イトー・ターリさん、あなたを忘れない

昨年(2021年)9月22日に、イトー・ターリさんが亡くなってから早くも半年が経ってしまいました。その大きな喪失感はいまだに埋めることもできず、これからもできないでしょうが、ターリさんの足跡を少しでも正確に残し、その人生の活動の意味を考えたいと思います。

そのために、2021年3月に発足したフェミニズム&アート研究プロジェクトでは、イトー・ターリに関する文献情報を収集しています(完成後には公開予定)。また、2021年4月に行われた最後公演となってしまった≪37兆個が眠りに就くまえに「自分で額を撫でるとき」≫については、連載アート・アクティヴィズム94「イトー・ターリの新作パフォーマンス」に書きましたので、合わせてご覧ください。


■[連載アート・アクティヴィズム94]
北原恵「イトー・ターリの新作パフォーマンス――「自分の額を撫でるとき」」
『ピープルズ・プラン』vol.92, 2021年5月

【研究会】「女性アーティストを取り巻く諸相:多様性/生計/ギャラリスト」2019年7月27日、大阪大学

■概要

 女性アーティストは、どのようにして生計を立て、制作を継続し、美術界を支えてきたのか。女性は、家計補助や代替労働力として社会に位置付けられてきたが、中堅以上で地方在住のアーティストの場合はどうか。アーティスト自身による報告と貸し画廊を主宰する事例の紹介を行う。一方「多文化主義」を標榜してきたアメリカ合衆国において、女性アーティストの状況に変化はあったのか。本研究会では、女性アーティストを取り巻く諸相について、美術に関わる3人が発表する。

■スケジュール

14:00~14:10  開始(自己紹介他) 司会:小勝禮子(京都造形芸術大学非常勤講師)

14:10~15:30       【発表1】

由本みどり(ニュージャージー・シティ大学准教授/ギャラリー・ディレクター)

「ホイットニー・ビエンナーレを通して考えるアメリカ芸術界の『多様化』と女性芸術

家の活躍」

 <休憩>

15:50~16:30        【発表2】

稲垣智子(アーティスト/大阪大学大学院M2)

                    「持続可能なアーティストの生活への考察―作品を通して」

16:30~17:10        【発表3】

中西美穂(大阪大学大学院D3/大阪アーツカウンシル統括責任者)

                      「貸し画廊とアーティスト―田村慶子の陶作品《よりしろ》における楓ギャラリーの役割」

17:10~18:00    全体議論 司会:北原恵(大阪大学教授)

*研究会のあと懇親会を予定

―――――――――――――

主催:平成31年度科学基盤(C)(研究代表者:小勝禮子、分担者:北原恵・金惠信)

「東アジアの女性アーティストに見る地域と歴史の境界をめぐる研究」

https://www.facebook.com/events/2297706597151028/

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2019年07月27日 | 投稿者: 北原恵