≪移動するということ≫ 阪田清子

北原研究室 - KITAHARA's Studio -

研究室概要 - About KITAHARA's Studio -

表象文化論、美術史、ジェンダー論。視覚表象の社会における機能や、視線が構築する権力関係の重層的な構造分析に関心があります。
芸術は、日常での当たり前の決まりごとを目に見える形にして疑問を起こさせる力を秘めていますが、同時に、世界のあちこちで続く戦争や疫病、貧困などの悲惨な状況は、文化がないから起きているのではなく、文化があるからこそ起きているという側面があります。
そのような文化への認識に立脚して、わたしは日常を取り巻くビジュアル情報――たとえば、お菓子のラベルから絵画にいたるまで――を、ジェンダーやセクシュアリティ、民族、人種、階級などの視点を中心にして読み解く作業を続けてきました。最近は、戦争表象の研究に取り組んでいます。

Studies of Culture and Representation, Art History, and Gender.
I am interested in the multilayered structural analysis of the functioning of visual representations in society and the power relationships constructed by gaze. Art has the power to represent visually the everyday rules that we take for granted and raise questions about them. However, at the same time, it has another facet: tragic circumstances such as ongoing wars, epidemics, and poverty worldwide occur not because of the lack of “culture” but precisely because of the presence of “culture”. Grounded in this understanding of “culture”, I have continued working on an in-depth analysis of the visual information surrounding daily life—from snack food labels to paintings and urban spaces—primarily from the perspectives of gender, sexuality, ethnicity, race, and class. Apart from continuing to write on Art Activism since the 1990s, I study the representation of war and the Royal Family, as well.

北原恵 研究業績 - KITAHARA, Megumi, Profile -

2008年04月01日 ~ 2012年09月30日,大阪大学 文学研究科 文化形態論専攻,准教授,専任
2012年10月01日 ~ 継続中,大阪大学 文学研究科 文化形態論専攻,教授,専任

Researchmapはこちら
大阪大学研究者総覧はこちら

主な著作・論文

連絡先 - Contact -

大阪大学大学院文化研究科
日本学研究室
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5
電話:06-6850-6111(代)

Institute of Japanese Studies,
Graduate School of Letters, Osaka University
address:1-5 Machikaneyama-cho, Toyonaka 560-8532
tel:06-6850-6111

アクセス - Access -

電車: 阪急電車宝塚線・石橋駅(急行停車)下車東へ徒歩約15分
モノレール: 大阪モノレール 柴原駅下車 徒歩約10分

詳細は、大阪大学文学部・大阪大学大学院文学研究科の
アクセスページをご参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access

By
Train:
15 min. east on foot from Ishibashi on Hankyu Takarazuka Line.
By Monorail: 10 min. west on foot from Shibahara.

View:Access to Graduate School of Letters, Osaka University
http://www.let.osaka-u.ac.jp/en/access